牛肉部位図鑑
松阪牛 部位図鑑
松阪牛 部位図鑑 1 ネック
部位図鑑:1.ネック

脂肪分が少なく、赤身の多い硬めの肉質。肉の味が濃厚で旨味も豊富。
ひき肉、こま切れとして利用されます。
角切りなどで煮込み料理にも。


松阪牛 部位図鑑 肩ロース
部位図鑑:2.肩

やや硬く、脂肪分は少ないですが、比較的味が濃い赤身肉です。
エキス分やコラーゲンが多く、煮込み料理、スープの材料に適しています。

【部位で選ぶ】 松阪牛・かた

松阪牛 カタ すき焼き用【上質な赤身】松阪牛カタすき焼き用【適度な霜降り】


松阪牛 部位図鑑 肩ロース 
部位図鑑:3.肩ロース

やや筋が多いが、キメが細かく柔らかい。脂肪が適度にある風味のよい部位です。
しゃぶしゃぶ、すき焼き、焼肉など薄切りにするお料理に。

【部位で選ぶ】 松阪牛 肩ロース

松阪牛 肩ロース 焼肉用【濃厚な味わい】松阪牛 肩ロース焼肉用【霜降り】

松阪牛 肩ロース しゃぶしゃぶ【濃厚な味わい】松阪牛 肩ロースしゃぶしゃぶ【500g】



松阪牛 部位図鑑 リブロース
部位図鑑:4.リブロース

きめが細かく、柔らかいといった特徴を持っています。
肉そのものを味わうローストビーフやステーキに。 霜降りのものは、すき焼きに最適です。

【部位で選ぶ】 松阪牛 ロイン・リブロース

【霜降りが美しい】松阪牛ロースステーキ用(2枚)【1枚約200g】【霜降りが美しい】松阪牛ロースステーキ用(2枚)【1枚約200g】

【上品な風味】松阪牛ロースすき焼き用【霜降り】【上品な風味】松阪牛ロースすき焼き用【霜降り】

【 ジューシー 】松阪牛 ロース 焼肉用【 綺麗なサシ 】【 ジューシー 】松阪牛 ロース 焼肉用【 綺麗なサシ 】


松阪牛 部位図鑑 ヒレ
部位図鑑:5.ヒレ

きめの細かい柔らかな部位です。脂肪分が少ないのであっさりとした味わいとなっています。
ビーフカツなども美味しいですが、脂肪の気になる方はステーキに。



松阪牛 部位図鑑 サーロイン
部位図鑑:6.サーロイン

上質な脂身を含んでいる部位であり、きめが細かくて柔らかく、肉質は最高です。
特にステーキに最適で、ローストビーフやしゃぶしゃぶにも。

【部位で選ぶ】 松阪牛 ロイン・リブロース


松阪牛 部位図鑑 ランプ

部位図鑑:7.ランプ

もも肉の中でも柔らかい部位。
ロース等に比べ脂肪が少なく、味に深みがあり、ステーキやローストビーフにも向く。

【部位で選ぶ】 松阪牛 もも

【適度な霜降り】松阪牛 ランプ ステーキ用 2枚入り300g【1枚約150g】【適度な霜降り】松阪牛 ランプ ステーキ用 2枚入り300g【1枚約150g】



松阪肉 部位図鑑 イチボ

部位図鑑:8.イチボ

きれいな霜降りが入っており、まろやかで甘くて柔らかい。
もも肉でありながらサーロインに味わいが似ており、「もも肉のロース」とも呼ばれます。



松阪肉 部位図鑑 ミスジ

部位図鑑:9.ミスジ

「幻」と呼ばれるほどの希少な部位でウデ肉の一部です。
骨に隠れるように肉があります。
美・香・味どれをとっても素晴らしく、濃厚な味わいです。



松阪肉 部位図鑑 バラ

部位図鑑:10.バラ

赤身と脂肪が層になり、きめが粗いが霜降りになりやすい。
こってりとした味わいでシチューやカルビ焼きに適しています。

【部位で選ぶ】 松阪牛 三角バラ・バラ

松阪肉 バラ 焼肉用【がつんと脂】松阪牛 バラ焼肉用【濃厚・500g】



松阪牛 部位図鑑 カイノミ

部位図鑑:11.カイノミ

カイノミは中バラの一部で希少部位です。非常に柔らかく、味がしっかりとしておりシチューやカルビ焼きに適しています。



松阪肉 部位図鑑 フランク

部位図鑑:12.フランク

外バラの一部です。カイノミと連結している部位で、焼肉好きには欠かせない部位です。



松阪肉 部位図鑑 モモ

部位図鑑:13.モモ

脂肪が少ない部位です。
比較的柔らかい部位であるため、ローストビーフ、焼肉、煮込み料理や、うす切りにして炒め物など、あらゆるメニューに利用できます。

【部位で選ぶ】 松阪牛 もも

松阪牛 モモ すき焼き用松阪牛モモすき焼き用【赤身の美味しさ】



松阪肉 部位図鑑 外モモ

部位図鑑:14.外モモ

きめがやや粗く脂肪の少ない固めの肉です。
肉本来の味を味わえる部分です。薄切りや、細切れにして炒め物に適してます。



松阪肉 部位図鑑 スネ

部位図鑑:15.スネ

筋が多く硬いが、長時間煮る事でコラーゲンが溶け出し、柔らかくなる。
シチュー、カレー等の煮込み料理に。